現在位置: | 重慶の歴史
重慶の歴史

  重慶市は長い歴史を持つ名城です。2万年前の旧石器時代からの人類が生活してきた歴史があります。新石器時代に、すでに密集している原始部落、夷(イ)、濮(プ)、苴(ジュ)等8の土着民族が存在していました。重慶の深い歴史文化を創ったのはそれらの重慶土着民です。

  約三、四千年前の夏商周の時に、重慶を中心とする広い範囲で、しっかりした奴隷制度部落ができており、巴(バ)と称されます。甲骨文の中にも巴国のことが記録されています。

  巴から重慶に、名前は歴史とともに変更してきました。

  周慎靚王五年(紀元前316年)に巴国はに秦に討たれ、巴郡とされました。始皇帝二十六年(紀元前221年)、全国は巴郡も含まれ、36の郡に分けられました。漢王朝時代に、巴郡が江州と命名しました。南北朝時代に相次いで荊州、益州、巴州、楚州と命名しました。

  隋文帝元年(581年)に、渝水(今の嘉陵江)に廻られるので、楚州が渝州と呼ばれました。これが重慶の略称「渝」の由来です。

  宋孝宗淳熙十六年(1189年)正月に、皇太子趙淳が恭王に封じ、二月に帝位に即位しました。重なる喜びから、恭州が重慶府と命名しました。重慶と名づけられて以来、すでに八百年余でした。

  秦国からの各古代王朝は郡、州、路、道、府等の行政機構がいずれも重慶に設置していました。辛亥革命の後、1921年に重慶で商業管理部が設置されました。1929年に重慶市政府が成立しました。1935年5月5日に、中国国民党により、重慶は直轄市に昇格されました。日中戦争が始まると、国民政府は重慶に移しました。1937年11月に仮の首都にされ、1940年に臨時首都にされました。

  1949年11月30日に、重慶は開放されました。と同時に、西南軍政委員会の駐在地、中央直轄市となりました。1954年7月から、四川省に属していました。1983年に、重慶は、中国での初めての、省級経済管理権威のある市になりました。1997年3月14日に、中華人民共和国全国人民代表大会で、重慶を中央直轄市にさせる議案が出され、6月18日に実行されました。重慶市は総面積も人口(3097万人)も中国一です。人口の主は漢族であり、土家族、苗族等約40の少数民族もここに存在しています。