現在位置: | 重慶道路
重慶道路

バスも電車も多いので重慶はほかの都市に比べるとタクシーの料金が安いです。また、坂の多い特別な地勢のため、市内のケーブルカーとエレベーターの利用も重慶のひとつの大きな特徴です。たとえば、駅にはエスカレーターもあれば、凱旋路(がいせんろ)には上下のブロックを繋ぐエレベーターもあります。ほかに揚子江と嘉陵江の間にはロープウエーが備えてあります。

  2010年には“二環八射”という高速道路の架構ができていて、一、二級道路は各行政区(県)に繋がっているとともに、三、四級道路は各行政郷(鎮)と各行政村に繋がっている見込です。それから、市区の道路ネットワークシステムははっきりし、結構が合理的であるばかりでなく、能率的で、安全に通じます。さらに国の道路運輸枢軸と現代化物流における基本的な施設の建設を速め、各区(県)と各郷(鎮)それぞれのターミナルを改善するようにしています。そうすると、道路、駅、運輸の一体化が進み、揚子江上流の交通枢軸の建設が完成し、重慶を回るのに六時間しかかからないという目標は実現できることになります。また、長い目からみれば、高速道路、高級道路、田舎道路それぞれのネットワークシステムを建設する必要があります。最後に重慶では“三環十射三連線”という高速道路のネットワークができて各区県(自治県、市)の役所から重慶市政府所在地中心地帯まで四時間ぐらいで到着できるという状態です。