現在位置: | 交通概況
交通概況

  重慶は我が国の西南地区の水、陸、空の交通中心です。重慶江北国際空港は国内の十大民間空港の1つです。都心から約23キロ離れ、空港から市内までバスで一時間足らずで行けます。重慶駅と重慶バスターミナルは揚子江大橋の西側から約3キロの菜園  にあります。ここは重慶で旅客の最も集中するところで、約20組の列車で全国の主要都市と繋がっています。バスの場合は、成都に通う成都重慶高速道路を大動脈として、成都行きの定期バスは、道のりが四時間足らずで数多く出ています。また、ターミナルから周辺の市、県行きのバスの発車回数も多いです。重慶朝天門埠頭は揚子江の有名な港の1つで、大河が東へ向かって流れて行く景色は壮観です。ここに外国観光客用豪華遊覧船(例えば北斗号(ほくとごう)、僑豊号(きょうほうごう)、ビクトリア号など)と大型の遊覧船(例えば江渝(こうゆ)シリーズ、東方(とうほう)シリーズ、迎賓(げいひん)シリーズなど)があり、下流にあるの宜昌、武漢、南京などの都市に到着できます。観光客は直接各遊覧船の切符売場で切符を買うことができます。普通の場合、汽船の航程は:宜昌まで2日間、漢口まで3日間、南京まで5日間です。重慶から巫山までは快速船で10時内で行くことができます。そのほか、駅、ターミナルと埠頭などに、長江三峡下りの観光案内所があります。