現在位置: | 重慶航空
重慶航空

    

  重慶江北国際空港は重慶市渝北区に位置し、都心から21キロ離れたところにあります。空港の敷地面積は300ヘクタール、滑走路の長さは2800メートル、幅60メートルです。ターミナルビル、航空コントロールビル、気候観測ビル、エアポートホテル、民間航空のオフィスビルなど合理的に配置されています。西南、国際、南方、東方、北方、西北、厦門、四川、武漢、雲南、通航、長城などの航空会社がここに集まっていて、国内のみならず、日本、タイなど結ばれています。また全国27都市と繋がっています。「一大三小(いちだいさんしょう)」という総体的な企画に基づき、重慶空港の布局の完璧を進めています。2010年前に「一大両小(いちだいりょうしょう)」という民用航空空港の布局を重点的に造り上げ、安全で、心地良く、早く、品位の高い空港の環境を営んでいます。西南地区の中型中枢空港の戦略地位を確立し、重慶市と大西南の発展を推進し、重慶と全国と世界と繋ぐ掛け橋を作り上げています。2010年以降、江北国際空港の3期拡張工事を重点的に建設し、さらに重慶市の第二国際空港の場所を選ぶことも検討を始めています。