現在位置: | 重慶鉄道
重慶鉄道

  

   重慶駅は重慶の鉄道旅客運輸の中心です.そして、全国三つの主な鉄道幹線がここに集まっています.渝黔線1は北の重慶と南の貴陽の約463キロを結び、成渝線2は西の成都と東の重慶の約504キロを結び、そして襄渝線3は東の襄樊と西の重慶の約915キロを結びます.この三つの線路は国のほかの鉄道幹線と繋がっています.

  将来は「枢軸一つ幹線十本専用線路一本支線七本」という総体的企画によって2010年までは鉄道線路の建設と鉄道枢軸の整備に主な力を入れ、鉄道の複線化と電気化を高める予定です.そして、2010年になって、 「枢軸一つ幹線八本」という鉄道の結構ネットワークができる見込みです.“枢軸一つ”とは重慶の鉄道枢軸のことで、“幹線八本”とは渝黔線1、成渝線2、襄渝線3、遂渝線4、渝懐線5、蘭渝線6、達万線7、万宜線8のことです.

  1渝黔線:重慶市と貴州省の間の鉄道幹線の略称

  2成渝線:四川省成都市と重慶市の間の鉄道幹線の略称

  3襄渝線:湖北省襄樊市と重慶市の間の鉄道幹線の略称

  4遂渝線:四川省遂寧市と重慶市の間の鉄道幹線の略称

  5渝懐線:重慶市と湖南省懐化市の間の鉄道幹線の略称

  6蘭渝線:甘粛省蘭州市と重慶市の間の鉄道幹線の略称

  7達万線:四川省達州市と重慶市万州区の間の鉄道幹線の略称

  8万宜線:重慶市万州区と湖北省宜昌市の間の鉄道幹線の略称