現在位置: | 森と緑の重慶
生態環境改善

  二つの位置づけ

  重慶を「都市と農村が統一の現代林業改革発展試験区、長江上流生態文明模範区」に建設すると、のことです。

  主な目標

  2012年までは、生態建設の積極的な進展を得ます。森の面積は38%に達します。都市の緑化率が35%に達し、緑地率が32%に達します。都市区域は国家森林都市に建設し、林業経済の実力を強化し、林業が農民への収入を高めます。

  2017年までは、生態環境の質は著しく改善され、森の面積は45%に達し、都市区域の緑化率は38%に達し、緑地率は36%に達します。林業生産総額を500億元に実現し、林業開発で農民の一人当たりの一年間の平均収入が1000元に達します。