現在位置: | 美食概要图片
重慶食品

重慶の飲食はスパイシーなところが特徴で、中国四大料理の一つである四川料理に属します。味は新鮮かつ濃厚で調理法は30を越え、4000以上のメニューがあります。味も20種類、香りも10種類を越える多様な料理です。代表的なものは重慶火鍋、水煮魚、老鴨湯、酸辣粉、辣子鶏、泉水鶏などです。中でも重慶火鍋が最も有名です。

この辛辣な火鍋は重慶が発祥の地で、麻辣火鍋とか、毛肚火鍋(モツ火鍋)とも呼はれます。明末清朝初期、長江川岸の船の人足たちの間で始まったと言われています。当初は牛の胃袋(センマイ)や豚の喉、アヒルの腸、牛モツなどを使っていたのですが、段々発達して、今では100種類を越える食材を使用しています。ニワトリ、魚、エビ、カニ、野生の植物、動物のモツなどあたゆる食材を含みます。スープも伝統的な紅湯(辛辣スープ)に加え、清湯(コンソメ風)、鴛鴦「清湯と紅湯が区切られたもの」とあり、そのほか、アヒル鍋、イヌ鍋、トリ鍋など100以上の種類があります。

なお、四川料理は周知のように中華四大料理の一つですが、更に蓉派と渝派に分かれます。蓉派は成都を中心とするいわゆる四川料理で、特に小食(スナック)の豊富さが特徴です。これに対し、渝派は重慶を中心とした料理で、火鍋などの家庭料理が中心で、その辛辣が有名です。ぜひお試し下さい。

    大会組織委員会は、入場券販売総量の87%が10元から400元の価格帯にあり、平均価格が約200元であることから、一般大衆の圧倒的多数が入場券の購買力を備えていると判断しています。このうち、全体の45.3%を占める100元未満の入場券(10元、30元、80元)は、ほとんどの大衆が買える値段であり、160元から800元の入場券は全体の51.9%を占めています。