現在位置: | 投資重慶市
大龍綱がビジネスモデル革新で越境Eコマースの先頭企業に

大龍綱の創始者、CEO馮剣峰氏

 【華龍綱重慶】商業部の予想により、2016年、中国の越境Eコマース輸出入総額は6万5000億元に達し、年平均成長率30%を突破することができるから、この産業の新たな発展が大きな期待を寄せている。製造業の供給側改革の風に乗せて、産業群の優勢を拡大し、産業チェーンを完備させ、国内外市場のウィンウィンを実現できるかどうかは、越境Eコマースの活力を保つ肝心な所だ。

 重慶越境Eコマースの先頭企業として、大龍綱はグローバルビッグデータを通して、国内の優勢産業と国外の市場ニーズを完璧に結びつけて、中国製造業のブランド競争力を高めさせた。

 大龍綱の創始者、CEO、馮剣峰氏の話により、これから、大龍綱は一年間で30~50海外加盟団地を設置し、海外市場を開拓する同時に、オンラインとオフラインの方式で世界産業ベルトと貿易シティを繋げさせて、まったく新しい商業聨合体を作り出すことが求められる。(翻訳:劉彦君)