現在位置: | 重慶ニュース
走りながら楽しめる 大足龍水湖半分マラソン大会は来月の23日で行われる
2017-03-20 09:00

大会のコ一ス図

 【華龍綱重慶】サ一キットは観光地におけば、どんな体験だろう。4月23日、大足龍水湖禅が天下で認められるという半分マラソン大会は大足龍水湖リゾ一トエリアで行われている、今度の大会はいろいろな観光スポットを繋がり、選手たちが走りながら楽しまれるという。

 今度の大会は重慶市の第七回全員体が鍛える運動会の開幕プロジェクトでもあり、主催者はサ一キットが観光地に配置し、滨湖全季節双楽園温泉を題する水世界を通し、龍水湖に囲む景色を見える歩道や龍水湖松鶴島のアウトドア運動公園などに近く寄って、選手たちはより近く大自然に触れられる。

 去年と違うのは、今年の大会は三百の親子組を増える。選手たちは子供に連れて一緒に参加でき、試合中で家族と走りながら、喜びを分かち合える。半分大会のコ一スは龍水湖温泉水世界の三叉路から、龍湖路を通し、東環大道に折り返し、また龍湖道路から出発して龍水湖温泉水世界の三叉路まで終わる。ところで、ミニマムマラソンと親子ミニマムマラソンは路線が七キロメ一トルで,コ一スは龍水湖水世界三叉路から、龍湖道路、東環大道や龍玉道路を通し、大龍湾ホテルまで終わる。

 大会の規則によって、半分とミニマムマラソンプロジェクトは年齢が必ず十六歳以上で、申込み費はそれぞれ百元と五十元になる。そして、親子組のプロジェクトは二十歳以上の大人が一人の十五歳以下の子供に連れて参加することになる。家庭ごとに一人の子供しか連れては行けない。そして、申込み費は家庭ごとに百元である。

 大会の主催者によると、今度の大会は満員までに、市民は正式のネットに登録して申し込める。半分マラソンをできた最初の千人の選手は温泉水世界の体験券をに入られる。それに、マラソン大会の期間中、龍水湖旅行地もいろいろな帆船の体験活動を提供するという。

 

関連記事  >>
 
編集:劉彦君