現在位置: | 中国ニュース
宇宙技術、一般人の生活と「ドッキング」
2017-04-27 09:00

 4月24日は2年目となる「中国宇宙の日」だ。今年のテーマは「宇宙事業が美しい生活を創造する」で、宇宙技術の応用に焦点を絞り、国民経済の建設と社会の発展への貢献を示し、宇宙関連知識を広めることが狙いだ。人民日報が伝えた。

 宇宙専門家によると、食卓に上がっている多くの野菜には、宇宙の「遺伝子」が含まれている。宇宙育種技術により生まれた高生産量・高品質の宇宙米と宇宙野菜は、その栄養価が大幅に高められている。

 私たちが日常生活で最も親しんでいる即席麺に含まれる具材は、宇宙の冷凍・乾燥技術によって生まれた。この技術は食物の水分をすべて除去することで、微生物が繁殖するリスクを抑え、保存期間を延ばした。野菜に含まれる栄養価は、少しも損なわれない。また粉ミルクの栄養添加技術も、宇宙食から生まれた。

 粉ミルクのついでに、おむつも見ていこう。これはそもそも宇宙飛行士が宇宙で任務遂行中、トイレに行きたくなった場合に備えて発明されたものだが、今や子育てをする親たちと乳幼児の利便性を高めている。それからもともとは宇宙服に使用されるために開発された保温・耐高温・断熱材料も現在、宇宙服の素材を汎用化し、遠赤外線防寒下着や消防服に広く用いられている。

関連記事  >>
 
編集:劉彦君